産後の乳首の色が黒くなってしまう改善策はあるの?

 

産後に乳首の色が悪くなってしまい、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
赤ちゃんを無事に産めたことはとても喜ばしいことですが、自分の身体が変化していくことは少し悲しくもありますよね。

 

そこで、産後に乳首の色が黒くなってしまうのはどうしてなのか、
また、治す方法はあるのかということについて、ご説明していきたいと思います。

 

 

産後の乳首の変化・・・

 

産後、どうして乳首の色が変わってしまうのか、その原因は気になりますよね。
例え旦那さんであれ、黒くなった乳首を見られるのは抵抗を感じる方も多いと思います。

 

まずは、乳首が黒くなってしまう原因を見ていきましょう!

 

 

乳首が黒くなるのはどうして?!

 

出産後に乳首が黒くなってしまう理由には、以下のようなものがあります。

 

  • ホルモンバランスの変化によるもの
  • 赤ちゃんから乳首を分かりやすくするため
  • 授乳のダメージに耐えられるようにするため

 

ただ単に黒くなっているわけではなく、ちゃんとした理由があるのです。
では、もう少し詳しく見ていきたいと思います。

 

ホルモンバランスの変化によるもの

妊娠してから出産するまでの間、女性ホルモンは大きく変化します。
プロゲステロン(黄体ホルモン)と、エストロゲン(卵胞ホルモン)がたくさん分泌されることで、メラニン色素も増えていきます。
メラニン色素はメラノサイトという細胞が作り出すのですが、この細胞が活発化することで、色素沈着しやすい状態になります。
その結果、乳首にメラニン色素が沈着し、黒ずんでしまうのです。

 

もちろん、乳首以外にも、産後に顔やワキなどにシミができたり黒ずみが出来たりするものも、このメラニン色素の働きによるものです。

 

 

赤ちゃんから乳首を分かりやすくするため

意外に感じられるかもしれませんが、乳首の黒ずみは、赤ちゃんに乳首をわかりやすくするための目印のような役割も果たしています。
産まれたばかりの赤ちゃんの目はまだまだ未熟なので、おっぱいを飲みたくても場所がはっきりと分からないのです。
赤ちゃんの目は、黒色のものを見つけやすいため、赤ちゃんに少しでもおっぱいの場所をわかりやすくするため、乳首が黒ずむのですね。

 

 

授乳のダメージに耐えられるようにするため

これも意外かもしれませんが、実はメラニン色素は、外部ダメージから身体を守ってくれています。
出産後には赤ちゃんにおっぱいをあげることになりますが、赤ちゃんがおっぱいに吸い付く力は、結構強いのです。
一度だけ授乳するわけではなく、何度も頻繁に長期間に渡って授乳を行いますので、乳首が傷つくことがないよう、守っているのですね。

 

メラニンを蓄積させると、角質を強くすることが出来るため、それによって授乳のダメージに耐えられるようにしています。

 

 

産後の乳首の黒ずみって治るの?

 

 

例え理由があったとしても、やはり今までとは違う身体の変化は気になってしまいますよね。
この乳首の黒ずみは、治していくことが出来るのでしょうか。

 

出産後には、ずっと妊娠を維持するために頑張っていた女性ホルモン(プロゲステロン・エストロゲン)が減少していきます。
そして身体は、元の状態に戻っていくため、乳首の黒ずみも少しずつ薄くなっていきます。

 

ですが、一度黒ずんでしまった乳首を、自然なピンク色に戻すということは難しいと言われています。
そのため、積極的にケアしていくことが大切になってくるのです。

 

なんとなく乳首が黒いけれど、放っておいたという方の場合、
そのまま色素沈着が進み、黒い乳首から戻らなくなってしまうことも・・・

 

積極的に乳首のケアを行って、少しでも薄くしたいですよね。

 

 

乳首の黒ずみを取りたい!改善策は?

 

 

黒くなってしまった産後の乳首を、少しでも早く薄くするためには、どうすればいいのでしょうか。

 

乳首の黒ずみ改善策

 

1.新陳代謝を活性化させる
2.美白成分が配合されているクリームを使う
3.摩擦を減らす
4.メラニン色素を減らす

 

など、このような方法で、乳首の黒ずみを少しでも薄くしていくことが可能です。

 

新陳代謝を活性化させる

まずは、新陳代謝を活性化させていくことが大切になります。
肌のターンオーバーを促すことによって、黒ずみの原因になる角質を落とし、新しい細胞に変えていく必要があります。

 

 

そのためには、しっかりと睡眠をとることが重要です。
特に産後は、夜中の授乳などから睡眠時間が浅くなってしまうため、新陳代謝も悪くなりがちです。

 

まとまった睡眠時間をとることが難しいという場合には、赤ちゃんが寝ている間に一緒に昼寝をするなど工夫が必要です。

 

 

 

美白成分が配合されているクリームを使う

美白成分が配合されているクリームを使用することで、乳首の黒ずみを薄くすることも期待出来ます。
ただ、乳首は赤ちゃんが口に含むものですので、害がないかどうか等調べておく必要があります。

 

美白成分とともに保湿成分が配合されているものであれば、尚良しです!
保湿をすることで、固くなった角質をやわらかくすることも大切です。

 

どうしても使用したいクリームが、授乳中にはNGだった場合には、授乳中には我慢するようにしてください。
卒乳後でも遅くはありませんので、安心してくださいね。

 

 

摩擦を減らす

摩擦を減らしていくようにすることも、大切なケアの一つです。
特にブラジャーなどの摩擦は刺激が強く、乳首が擦れると黒ずみが出来てしまいます。
出来ればブラジャーを天然素材のものに変えたり、乳首が圧迫されないようなものを選ぶことがおすすめです。

 

 

メラニン色素を減らす

メラニン色素を減らしていくためには、悪玉の活性酸素を減らしていく必要があります。
悪玉の活性酸素は、βカロチン(ビタミンAの一種)や、リコピンなどの栄養素を摂取することで、抑えることが出来ます。

 

具体的には、にんじん、トマト、かぼちゃ、モロヘイヤ、よもぎなどに含まれています。
これらを積極的に摂取するように心がけ、活性酵素を抑えるようにしましょう。

 

 

その他、適度な運動を取り入れ、ある程度の汗をかくことも効果的です。
ただ、紫外線対策をしっかりと行うことが重要になりますので、その点は気をつけてくださいね。
運動といっても、赤ちゃんと一緒にお散歩する程度でOKです!

 

 

胸の形も良くしたい・・・

 

 

乳首の色だけではなく、胸の形も良くしたいという場合には、卒乳後にベルタプエラリアを飲んでみることがおすすめです。

 

 

出産後、垂れてしまって張りがなくなった胸に、どのくらい効果があるのかということがお分かりいただけると思います。
バストアップにも効果が期待出来るサプリメントです!