産後に垂れてしまった胸・・・原因と解決方法はあるの?

 

無事に赤ちゃんを出産後、垂れてしまった胸を見て悲しい気持ちになった方もおられるのではないでしょうか。
妊娠中には、ぷっくり綺麗に膨らんでいた胸が、明らかに垂れているのを見て、どうして?!と不思議に思った方も多いはずです。

 

どうして垂れてしまったのか、その原因や解決方法について、見ていきたいと思います。

 

 

産後に胸が垂れた・・・

 

産後に胸が垂れてしまうということは、一部の方が抱えている悩みではありません。
はとても多くの方が、同じような悩みを持っているのです。

 

どうして産後に胸が垂れてしまうのか、見ていきましょう!

 

 

産後の胸が垂れる原因・理由は?

 

妊娠中には胸は垂れるどころか、とても張りのある状態で大きくなっていたと思います。
にも関わらず、出産後突然だらーんと垂れてしまう現象には、以下のような原因がありました。

 

 

  • 乳腺が衰退してしまったため
  • 授乳で赤ちゃんに引っ張られるため
  • クーパー靭帯のが伸びてしまったため

 

など、このような原因が考えられます。

 

 

乳腺が衰退してしまったため

妊娠中には、女性ホルモンであるエストロゲンやプロゲステロンの分泌によって、乳腺が形作られ、発達している状態となっています。
そのため、妊娠中の胸は妊娠前と比べて大きくなっていることが多く、張りがあって綺麗に感じられます。
授乳中には母乳をたくさん蓄えますので、胸はやはり大きくなりますよね。卒乳までその状態を維持していくことが出来ます。

 

ですが、出産後・卒乳後には、乳腺がどんどん衰退していってしまいます
赤ちゃんが乳首に吸い付く刺激がなくなることで、もう母乳を出す必要がないと脳が判断し、乳腺の発達を担うエストロゲンなどの分泌を減少させてしまうためです。
さらに、乳腺を守るために周りについていた脂肪も、乳腺が衰退することで役割を終え、落ちていってしまうのですね。

 

このことが、産後・卒乳後に胸が小さくなり、垂れていく理由の一つとなっています。

 

 

授乳で赤ちゃんに引っ張られるため

そして次に、授乳を行うことで赤ちゃんに引っ張られてしまうからということも理由の一つです。
特に、授乳の際に、胸の位置よりも低い位置で授乳を行っている方の場合、赤ちゃんに引っ張られてしまい、胸が垂れてしまうことがあります。

 

さらに、赤ちゃんにあわせて、授乳中に前かがみ(猫背)になってしまうことも理由になっています。
授乳の際の赤ちゃんの位置や、姿勢の問題なども、胸が垂れてしまうことに繋がるとはあまり想像出来ませんよね。

 

 

クーパー靭帯のが伸びてしまったため

そして最後に、クーパー靭帯が伸びてしまったためということも考えられます。
クーパー靭帯とは、胸が垂れ下がってしまうことがないようにしっかり支えてくれているものです。
コラーゲン組織で出来ている細い繊維の束で、乳腺・皮膚・筋肉などをつなげてくれています。

 

妊娠中や授乳中には、乳腺の発達が促進されるために、胸は大きく成長します。
大きくなるだけではなく、母乳なども蓄えられてどんどん重くなっていきますよね。

 

このクーパー靭帯がその重さに耐えられずに、どんどん伸びていってしまい、胸を吊り上げておくことが出来なくなることがあります。
卒乳後に胸が小さくなってからも、伸びきったクーパー靭帯はそう簡単には元に戻らないため、胸が垂れ下がってしまうのですね。

 

 

産後・卒乳後の胸の垂れ 改善方法は?

 

では、改善方法にはどのようなものがあるのでしょうか。
育児をしながらでも簡単に実践出来る方法などであれば、積極的に取り入れていきたいですよね。

 

 

胸を少しでも元に位置にするための改善方法

 

  • ブラジャーのサイズを見直す
  • 姿勢を正して生活する
  • 大筋肉を鍛える

 

など、このような方法で、産後・卒乳後の胸の垂れの改善が期待出来ます。

 

 

ブラジャーのサイズを見直す

まずはブラジャーのサイズを見なおしてみることが大切です。
妊娠中のカップのブラジャーをそのままつけていても、スカスカと隙間が開いているのではありませんか?

 

授乳中には胸の大きさが変わりやすいことや、授乳の回数が多いことから、ブラジャーはつけていないという方もおられるかもしれません。
ですが、ブラジャーをつけずに過ごすことで、授乳中に重くなっている胸がどんどん下に下がり、クーパー靭帯を伸ばしてしまうことに繋がります。

 

授乳中もちゃんとその時に合ったブラジャーのサイズを使用し、卒乳後もその時に合ったサイズのブラジャーを身につけるようにしましょう。

 

 

姿勢を正して生活する

赤ちゃんにあわせてつい姿勢が丸くなりがちで、猫背が癖になってしまっている方もおられるかもしれません。
ですが、姿勢が悪いと、肩甲骨が広がってしまうことで胸が垂れてしまい、身体全体が丸くなってしまいます。

 

猫背での生活は、胸がどんどん垂れていく原因になりますので、姿勢を正して生活することが大切になります。

 

*姿勢を正したいからと、補正下着などを着用することはやめてくださいね!

補正下着は効果ない!?30万円の下着を購入する前に!

 

 

大筋肉を鍛える

大胸筋を鍛えて、胸をしっかりと支えていくことも大切になります。
大胸筋がしっかりと胸を支えることが出来れば、クーパー靭帯の負担を軽減することが可能になりますよね。

 

 

大胸筋を鍛える簡単ストレッチ!

 

1.床に四つん這いになります
2.肩幅より少しだけ広めの位置で、床に手をつきます
3.胸をはり、背中を伸ばして姿勢を正します
4.腕立て伏せのようにひじを曲げます

 

腕立て伏せとはまた少し違うのですが、膝をまげた状態でひじだけ動かすので、幾分楽なストレッチです。
無理のない程度に、1日30回程度からはじめてみてくださいね。